ホーム
>
バスの乗り方教室

安全への取り組み

バスの乗り方教室

 

 

小学校や幼稚園・保育園で『バスの乗り方教室』を行っています。
私ども野呂山タクシーでは、小学校低学年・園児を対象に、交通安全教育の一環として、「バスの乗り方教室」を行っています。
大切なお子様を守る為、一人でも多くの子どもたちが危険を回避できることを願って、子どもたちに交通ルール・車内マナーを守ることの大切さを伝える活動を積極的に行っております。
バスの乗り方教室の様子

 

子どもたちの笑顔を守る「バスの乗り方教室」

『地域に密着、地元に貢献』の精神のもと、子供向けのバスの乗り方教室を、2010年度より、園児から小学校低学年の児童を中心に、実施しております。
心身ともに発達段階にある子どもたちは、好奇心が旺盛な反面、注意力が低く、交通ルールの理解も未熟なことから、思いがけない行動に出ることがあります。また、2009年に呉市広地区で発生した路線バスによるお子様の死亡事故をきっかけに、「未来ある子どもたちを、悲惨な事故から守りたい」という強い思いから、地元小学校様・警察様・地域の交通安全協会様・母の会様と連携し、安全教育活動を行って参りました。
この「バスの乗り方教室」は、子どもの目線に立ち、実際に使用しているバスを用いた判りやすい内容となっており、教育機関やPTA、警察関係者からも高い評価をいただいております。
また、実施するのは、実際に乗務する運転手や社員にて、実施しております。
このように、より多くの社員が参加することで子どもたちとのふれあいを通して、安全に対する意識の向上を目指しております。

 

 

実 績

呉市立川尻小学校様(2010年度~)、呉市立広小学校様(2015年度~)

呉市立白岳小学校様(2015年度~)、呉市立蒲刈小学校様(2013年度~)

呉市立下蒲刈小学校様(2013年度~2015年度) 他

 

 

このページの先頭へ